コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファラーイジー運動 ファラーイジーうんどう

世界大百科事典 第2版の解説

ファラーイジーうんどう【ファラーイジー運動】

19世紀初め,インドの東ベンガルでシャリーアトッラーSharī‘at Allāh(1781‐1840)が創始したムスリムの社会改革運動。彼は2度のメッカ巡礼を行い,出身地のファリードプル(東ベンガルのデルタ地帯)を中心にムスリム農民の間を説教して回り,ムスリムとしての宗教的義務(ファラーイズFarā’iẓ)を厳しく守ることを訴え,運動参加者にはムスリムの生活に取り入れられたヒンドゥー教の慣習,儀式を捨てるように誓わせた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android