コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファロ県 ファロFaro

翻訳|Faro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファロ〔県〕
ファロ
Faro

ポルトガル最南部の県。県都ファロ。北はベジャ県,東はスペインと接し,南と西は大西洋にのぞむ。中世のムーア人によるアルガルベ王国 (1140~1249) の領域と一致する。北部にモンシケ,カルディロン両山地があり,冬期は北風を防ぐため温暖で,国内で最も雨量が少い。人口は南部の海岸平野に集中している。山地ではイチジク,オリーブ,平野では園芸作物トウモロコシを栽培。コルク製品も産する。ファロをはじめ多くの港町ではマグロ漁が盛ん。温暖な気候,景勝で知られる海岸,ムーア的な町並みが観光客を集めている。面積 4960km2。人口 34万 4900 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ファロ県の関連キーワードサンビセンテ岬

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android