コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・クレーフェ Joos van Cleve

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・クレーフェ【Joos van Cleve】

1485ころ‐1540か41
フランドルの画家。本名はヨース・ファン・デル・ベーケJoos van der Beke。署名入り作品や注文の資料の欠如から,彼の年代的様式発展を知るのは困難であるが,今日では祭壇画《聖母の死》(ミュンヘン,ケルン)を描いた,いわゆる〈聖母の死の画家Meester van de Dood van Maria〉の一連の宗教画や肖像画がクレーフェに帰されている。おそらくイタリアに旅し,また1529年以後のある時期フランスのフランソア1世の宮廷に滞在した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファン・クレーフェの関連キーワードブレイン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android