コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・デル・ベルデン Bartel Leendert van der Waerden

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・デル・ベルデン【Bartel Leendert van der Waerden】

1903‐1996
オランダ生れの数学者。1926年にアムステルダム大学で学位を取得した後,しばらくゲッティンゲンで研究を続けて,まもなくオランダ北東部のフローニンゲン大学で教職を得た。その後ドイツのライプチヒ大学,オランダのアムステルダム大学,スイスのチューリヒ工科大学と職場をかえた。著書,論文が多数あるが,とくに有名なのは31年に出版された《現代代数学Moderne Algebra》2巻で,代数学の教育上大きい影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ファン・デル・ベルデンの関連キーワードネーター

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android