コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・ヒンローペン・ラッベルトン Van Hinloopen Labberton

1件 の用語解説(ファン・ヒンローペン・ラッベルトンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・ヒンローペン・ラッベルトン【Van Hinloopen Labberton】

1874‐?
オランダ領東インド神智学協会の指導者。20世紀初めから,インドネシアの各地にオランダ人によって神智学協会の支部が設立された。1901年のスマラン館,02年のジョクジャカルタ館などが知られているが,ラッベルトンは12年ごろから23年4月まで,バタビア(現,ジャカルタ)のウィレム3世ギムナジウムジャワ語を教えるかたわら,協会の議長を務め,《月刊神智学》によって活動した。彼はまた,神秘主義を共有するジャワ人の貴族やブディ・ウトモの指導者たちと深い関係をもった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ファン・ヒンローペン・ラッベルトンの関連キーワード島義勇小野梓サイゴン条約ハーディ岩崎弥太郎カズヌーヴ菊池三渓善助成島柳北西周

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone