コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・フリート Jeremias van Vliet

1件 の用語解説(ファン・フリートの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・フリート【Jeremias van Vliet】

1602‐63
オランダ東インド会社アユタヤ商館員。ロッテルダム近郊に生まれ,1628年東インド会社に入ってジャワ島に渡り,29‐33年に平戸商館,34‐36年にタイ(シャム)のアユタヤ商館に勤務した。この時《シャム王国記》を著した。38年から再びアユタヤ商館に勤務し,この間に《アユタヤ王国年代記》(現存するタイの年代記中最古のもの),《シャム王国内乱記》(山田長政に関する根本史料)を執筆した。41年バタビア(現,ジャカルタ)に帰って結婚した後,ペルシアの商館長に任命されたが,結局任地には赴任せず,42‐46年マラッカ総督を務めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ファン・フリートの関連キーワードイギリス東インド会社オランダ商館オランダ東インド会社オランダ領東インドタスマン東インド会社ボーア人ホールン西インド会社エンクハイゼン

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ファン・フリートの関連情報