コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファージョン

百科事典マイペディアの解説

ファージョン

英国の女性児童文学作家。父も作家。民話風の空想物語を数多く書き,代表作は《小さい本部屋》(1955年,邦題《麦と王さま》),《リンゴ畑のマーティン・ピピン》(1922年)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファージョン
ふぁーじょん
Eleanor Farjeon
(1882―1965)

イギリスの女流児童文学作家、詩人。小説家を父にもち、芸術的雰囲気豊かな家庭で教育を受ける。詩人デ・ラ・メアとエドワード・トーマスから大きな影響を受け、1914年、ロンドンの地名をもじったナンセンス詩を雑誌に連載して好評を博し、地歩を築いた。戦場の一兵士を慰めるための牧歌的恋物語『リンゴ畑のマーティン・ピピン』(1921)は子供にも読まれた。以後、『イタリアののぞきめがね』(1926)、『としとったばあやのおはなしかご』(1931)ほかを出して1920年代の代表的児童文学作家となった。しばしば伝承文学の形式を借り、響きのよい文体で、ユーモア、ナンセンス、詩情に富む物語を子供たちに送った。『ムギと王さま』(1955)でカーネギー賞、国際アンデルセン賞を受賞。[神宮輝夫]
『石井桃子訳『ファージョン作品集』全7巻(1970~86・岩波書店) ▽松岡享子訳『町かどのジム』(1964・学習研究社) ▽神宮輝夫編『銀色の時――イギリスファンタジー童話傑作選』(講談社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ファージョンの関連キーワードアーネスト・H. シェパードジュリア エクルスシェア雨にぬれた朝児童文学賞2月13日神宮輝夫石井桃子英国

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファージョンの関連情報