コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファーティマ朝美術 ファーティマちょうびじゅつFatimid art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファーティマ朝美術
ファーティマちょうびじゅつ
Fatimid art

10世紀後半から約2世紀間,エジプトカイロを中心に発展したファーティマ朝イスラム美術。建築ではアズハル・モスクやカイロの城壁,城門が代表的遺構。絵画,工芸では,人物や動物表現の多い装飾文様が発達し,イタリア,パレルモの宮廷礼拝室の天井フレスコ画はその著名な作例。単彩,多彩のラスター陶器の技法も発達し,多くの優品が生れた。エジプトの伝統的モチーフや横帯状の文字文様を表わした織物のほか,象牙,水晶細工クリスタルガラス,金属工芸も盛んであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android