ファーミング詐欺(読み)ふぁーみんぐさぎ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ファーミング詐欺

ウイルスやワームを使ってDNSサーバーに細工したり、クライアントhostsファイルを書き換えたりして、ユーザーを偽のサイトに誘導し、クレジットカード暗証番号パスワードなどの個人情報を入手する詐欺のこと。偽装メールなどのエサを利用するフィッシング詐欺に対し、事前に仕掛けを施す手口種まきを連想させることから、英語ではfarming(農業)に由来する造語「pharming」と書く。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

ファーミングさぎ【ファーミング詐欺】

金融機関や企業などの正規のウェブサイトであることを装った偽のウェブサイトに誘導し、暗証番号・パスワード・クレジットカード番号などの個人情報を詐取すること。コンピューターウイルスワームを使ったり、DNSサーバーに何らかの仕掛けを施したりすることで、ウェブブラウザーに正しいURLを入力しても、自動的に偽のウェブサイトに誘導されるという手口が知られている。◇「ファーミング」は農業の意の「farming」からの造語で、「pharming」。偽装メールを釣りの餌に見立てた「フィッシング詐欺」に対し、事前に仕掛けを施す点が種まきを連想させることから。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android