コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フアト・パシャ Fuat Paşa

1件 の用語解説(フアト・パシャの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フアト・パシャ【Fuat Paşa】

1815‐69
オスマン帝国タンジマート時代(1839‐76)の政治家。トルコで最初の医学校(1827設立)卒業後,外交官として活躍し,外務大臣,さらに1861年には大宰相となった。その後も常に要職にあり,ムスタファ・レシト・パシャ亡き後の政界を,アーリーパシャĀlī Paşa(1815‐71)と共に牛耳った。67年,スルタンアブデュルアジーズに随行してヨーロッパを歴訪。帰国後病に倒れ,療養先のニースで没。【新井 政美】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

フアト・パシャの関連キーワードルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]イタリア演劇日本海および海底地名の変更要求教科支援エキスパートLGBTとカミングアウト浅田宗伯朝夷巡島記梅田雲浜

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone