コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フアト・パシャ Fuat Paşa

1件 の用語解説(フアト・パシャの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フアト・パシャ【Fuat Paşa】

1815‐69
オスマン帝国タンジマート時代(1839‐76)の政治家。トルコで最初の医学校(1827設立)卒業後,外交官として活躍し,外務大臣,さらに1861年には大宰相となった。その後も常に要職にあり,ムスタファ・レシト・パシャ亡き後の政界を,アーリーパシャĀlī Paşa(1815‐71)と共に牛耳った。67年,スルタンアブデュルアジーズに随行してヨーロッパを歴訪。帰国後病に倒れ,療養先のニースで没。【新井 政美】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フアト・パシャの関連キーワードオットマン帝国東ローマ帝国オスマン帝国ギリシャ独立戦争イスラム帝国オスマンオスマン語オスマントルコオスマンダオスマン朝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone