コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フアト・パシャ Fuat Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

フアト・パシャ【Fuat Paşa】

1815‐69
オスマン帝国のタンジマート時代(1839‐76)の政治家。トルコで最初の医学校(1827設立)卒業後,外交官として活躍し,外務大臣,さらに1861年には大宰相となった。その後も常に要職にあり,ムスタファ・レシト・パシャ亡き後の政界を,アーリー・パシャĀlī Paşa(1815‐71)と共に牛耳った。67年,スルタン,アブデュルアジーズに随行してヨーロッパを歴訪。帰国後病に倒れ,療養先のニースで没。【新井 政美】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フアト・パシャの関連キーワードラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチ国家連合ルイ[18世]オイレンブルクシュタインハルデスプルーインヘボン

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android