コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィノー Louis Finot

1件 の用語解説(フィノーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フィノー【Louis Finot】

1864‐1935
フランスの東洋学者。パリの古文書学校を卒業し,1894年エコールプラティーク・デ・オート・ゼチュードで学位を取得した。98年インドシナ考古学調査に赴き,1900年ハノイに設けられた極東学院の初代院長に就任,29年まで4度にわたり通算19年間院長職にあった。この間コレージュ・ド・フランス教授,学士院会員にもなった。インドシナ研究の制度的枠組みと学問的基礎を築いた学者であるが,行政手腕にも優れ,極東学院から多くの現地語テキスト,写本,調査報告,研究成果などを刊行する道を開き,同時に単なる植民地研究を学問レベルにまで引き上げ,数多くの学者を育てた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィノーの関連キーワードクーランコルディエスタイン東洋学パジェスバルトリドフランスソワールラングレス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィノーの関連情報