コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィビガー Fibiger, Johannes Andreas Grib

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィビガー
Fibiger, Johannes Andreas Grib

[生]1867.4.23. シルクボール
[没]1928.1.30. コペンハーゲン
デンマークの病理学者。コペンハーゲン大学を卒業,ベルリンで R.コッホや P.エールリヒに学び,1900年,母校の病理学教授,26年に総長。 07年,結核研究用のネズミに胃癌があること,さらにそこにある種の寄生虫がいることを発見し,13年この寄生虫を用いて人工的に胃癌をつくることに成功したと報告。人工発癌の最初の成功として 26年ノーベル生理学・医学賞を受けた。しかし,のちに寄生虫による発癌ということに疑問がもたれ,今日では否定されているが,近代の化学物質による癌研究発展の糸口になったといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フィビガーの関連キーワードコペンハーゲン4月23日

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィビガーの関連情報