フィルクスニー

百科事典マイペディア「フィルクスニー」の解説

フィルクスニー

チェコ生れの米国のピアノ奏者。フィルクシュニーともいう。モラビア地方に生まれ,5歳の折ブルノでヤナーチェク師事。ピアノと作曲を学ぶ。1929年−1930年J.スークにも作曲を師事し1932年ニューヨークでシュナーベルに学んだ。1920年プラハでデビューし,1933年ロンドン,1938年ニューヨークにデビュー。1940年米国に定住し市民権を取得。ジュリアード音楽学校などで教鞭(きょうべん)をとった。日本では1978年の初来日まで無名に近かったが,欧米では早くから名声を獲得。師ヤナーチェクの作品をはじめ幅広いレパートリーに彫りの深い演奏を聴かせ,マルティヌーらから作品を献呈された。最晩年には共産政権崩壊後の母国に一時帰国しクベリーク,チェコ・フィルハーモニー管弦楽団と共演,人々の歓呼に迎えられている。協奏曲,室内楽曲,ピアノ曲などの作品も残した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android