コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歓呼 カンコ

デジタル大辞泉の解説

かん‐こ〔クワン‐〕【歓呼】

[名](スル)喜んで、大きな声を上げること。「歓呼の声」「歓呼して迎える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんこ【歓呼】

( 名 ) スル
喜んで大声をあげること。 「 -の声」 「群衆と共に悦喜し-し/うづまき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歓呼の関連キーワード乎・個・古・呼・固・壺・姑・孤・己・庫・弧・戸・扈・故・枯・沽・湖・狐・糊・股・胡・虎・虚・蠱・袴・誇・錮・雇・顧・鼓フォード(John Ford(1895―1973))シュミット(Carl Schmitt)サウル(古代イスラエルの初代の王)シャーリー・テンプル ブラックアポロニオス[テュアナの]エドウィン オコーナーvictory runシャーリー テンプル御立ち台・御立台トマス・ベケットウォルムス国会七主教裁判事件応える・報えるビクトリーランインペラトルチアリーダーカラマンリスローマ(市)ドラクロワ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歓呼の関連情報