コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィレタス フィレタスPhilētas; Philitas

1件 の用語解説(フィレタスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィレタス
Philētas; Philitas

[生]前330頃.コス島
[没]前275頃
ギリシアの詩人,初期アレクサンドリアにおいて文学研究の新気風を興した文献学者。プトレマイオス2世とテオクリトスの師。恋愛詩を作り,ローマエレゲイア詩人たちに深い影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のフィレタスの言及

【ゼノドトス】より

…エフェソスに生まれる。文法家フィレタスPhilētasの弟子。プトレマイオス2世によりアレクサンドリア図書館の初代館長に任ぜられ,アイトリアのアレクサンドロス,リュコフロンらとともに各地から集められた巻本を整理分類し,テキストの校訂を行う。…

※「フィレタス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

フィレタスの関連キーワードライブビューLive MOSセンサーギリシア美術取締役ケニアントロプス・プラティオプスシティ・フィールドTFT活動TABLE FOR TWOパイレーツ・オブ・カリビアンおおすみ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone