コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

エレゲイア エレゲイアelegeiā

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エレゲイア
elegeiā

古代ギリシア・ローマの詩形の一つ。ヘクサメトロス (長短々格の六脚韻句) とペンタメトロス (同五脚韻句) を交互に繰返す。笛を伴奏にする歌として古くフリュギアから移入されたものらしい。簡潔な表現に適し,応用範囲は広い。酒宴の歌,追憶歌,軍歌,政見発表,歴史,献呈辞,墓碑銘,哀歌などに用いられた。ヘレニズム時代にはアレクサンドリア派の詩人たちの最も好む詩形として,カリマコスの『アイティア』を筆頭に多数のエレゲイア詩が現れたが,すでにフィレタスアスクレピアデスらの頃から新しい発展がみられ,従来のものと並んで,都会や田園の生活の情景や,神話の場面などを描くものと,恋愛をテーマにするものが現れた。ローマで本格的にこの詩形を用いた最初の詩人はカツルスで,彼は短いエピグラムのほかに長いエレゲイアも作った。チブルスプロペルチウスらはこの詩形をラテン恋愛詩のものとして完成し,『変形譚』を除くオウィディウスの全作品もこの詩形による。なお1世代のちのマルチアリスのエピグラムもまたエレゲイアの形式をおもに用いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

エレゲイア(〈ギリシャ〉elegeia)

ヘクサメーター(六韻律)にペンタメーター(五韻律)の一行を加えた二行単位のギリシャの詩型。笛の伴奏によって歌い、のちエレジーに変化。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のエレゲイアの言及

【エレジー】より

…語源は不明であるが,小アジア系統の楽器あるいは楽曲に由来すると推測されている。ギリシア人は一般に笛の伴奏によって歌われる,六脚詩一行と五脚詩一行を交互に連ねた二行連詩からなる短詩形の詩をエレゲイアelegeiaと呼び,その形と名称は古代ローマの詩人たちの間でも踏襲されている。その詩形に盛られた内容は,古典期ギリシアにおいては多岐にわたり,政治,軍事,人生論,神観,酒,美少年などのテーマを含み,また墓碑もこの詩形をもってつづられているものが多い。…

【オウィディウス】より

…文学サロンで初めて自作を朗読したときから好評で,たちまち社交界の寵児になり,次々に新作を発表した。 最初の詩集《恋の歌》3巻は,さまざまなテーマの詩から成るが,中心はティブルスやプロペルティウスから継承した恋愛エレゲイア詩で,コリンナに対する彼の恋を歌ったものが多い。しかし先輩たちの強烈な感情に代わって,やや冷めたアイロニーが見られ,体験の詩であるよりは,想像と修辞の産物である。…

【マルティアリス】より

… マルティアリスの作品は《エピグラム集》となって伝えられており,80年のコロセウム開場を語る詩集,12巻のエピグラム集と2巻の食卓のメニューおよび饗宴の客に贈る土産の品をテーマとする詩集から構成されている。全体で1500を超える彼の詩のうち80%以上にあたる1200余は,2行単位のエレゲイアの韻律で書かれており,マルティアリスがこの詩型を好んでいたことがうかがわれる。詩人の興味は,彼のまわりにいた人間たちに向けられ,後1世紀当時のローマのさまざまな人間模様が,エピグラムの中にいきいきと写し取られている。…

【ミムネルモス】より

…コロフォン出身。エレゲイア調の詩集2巻があったが,20余りの小断片のみが伝わる。1巻は,彼が愛した笛吹女にちなんで〈ナンノ〉と呼ばれた。…

※「エレゲイア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

エレゲイアの関連キーワードアンティマコス[コロフォン]ルティリウス・ナマティアヌスアルス・アマトリアアルス・アマトリアヘルメシアナクスプロペルティウスチュルタイオスフォキュリデスアンソロジーパルテニオスミムネルモスアルキロコスアナクレオン恋さまざまルチリウススルピキアセモニデステオグニスティブルス愛の技術

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android