テオクリトス(英語表記)Theokritos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオクリトス
Theokritos

[生]前310. シラクサ
[没]前250頃
ギリシアの詩人。牧歌創始者シチリアからコス島に渡ってフィレタスのサークルに加わり,そこからアレクサンドリアに移り,再びコス島または近くの島に移住したらしい。詩集『小景詩』 Eidylliaは,牧歌,ミモス,頌徳詩,賛歌エピュリオン,抒情詩,エピグラムその他から成り,なかでも彼の名を不朽にしたのは,シチリアの田園風景のなかで歌い戯れる牧人たちを描いた牧歌 Būkolikaである。また失恋を月に訴える女の独白から成る『女魔法師』 Pharmakeutria,アドニスの祭りに行く2人の女を描いた『アドニス祭の女』 Adōniazūsaiなどのミモスも有名である。ウェルギリウスらローマの詩人たちに深甚な影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

テオクリトス

前3世紀ころのシチリア出身のギリシアの牧歌詩人。〈牧歌〉の伝統は彼に始まる。田園を舞台に,素朴ながら切々たる抒情と,あたたかみのあふれる物語とを,ドリス方言による独特の詩語で歌った。
→関連項目ビオン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テオクリトス【Theokritos】

前300ころ‐前260ころ
古代ギリシアの詩人。〈牧歌〉の創始者として名高い。シチリア島のシラクサの出身で,詩の題材にもシチリアや南イタリアの神話・民間伝承を採り入れている。けれども詩中の風物はコス島およびエーゲ海沿岸地方に限定されているところから,早くからコス島に移住し,生涯の大半を同地で過ごしたと推定される。出身地シラクサの王ヒエロン2世に詩人としての庇護を求めたが得られず(《牧歌詩集》16番),逆にエジプトプトレマイオス2世から庇護が与えられたことを感謝している(同17番)ところから,当時文学活動の中心地だったアレクサンドリアにも赴いたことがあるものと考えられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

テオクリトス【Theokritos】

前300頃~前260頃?) 古代ギリシャの詩人。シチリア島のシラクサ出身。牧歌の創始者。三一編からなる「牧歌詩集」がある。中でも特にシチリアの静寂な田園における牧者を歌った詩が名高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テオクリトス
ておくりとす
Theokritos
(前300ころ―前260ころ)

古代ギリシアの詩人。シチリア島の出身。生涯の大部分を異郷で、とくにコス島とアレクサンドリアで送ったらしい。アレクサンドリアではエジプト王プトレマイオス2世(フィラデルフォス)の愛顧を得た。作品は24編のエピグラムのほかに30編の詩が現存する。彼の名を後世まで高くしたものは「ミーモス」と「牧歌」である。作品の特徴は、生彩ある叙述と豊饒(ほうじょう)な叙情性とドラマチックな構成で、その効果はとくに「牧歌」に著しい。彼は西洋文学における牧歌の創始者、またアレクサンドリア時代を代表する大詩人と目され、後世に大きな影響を与えた。[伊藤照夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

テオクリトス

(Theokritos) 古代ギリシアの田園詩人。シラクサの出身でアレクサンドリアで活躍。牧歌調の小詩の完成者として知られる。(前三〇〇頃‐前二六〇頃

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のテオクリトスの言及

【ギリシア文学】より

…現存するヘロンダスの《擬曲》(《ミミアンビ》とも呼ばれる)は,男女風俗,追想,恋物語などをかなり卑俗な形で模している。しかし同じ擬曲風とはいえ,シチリア島の詩人テオクリトスの《牧歌(エイデュリオン)》は,高度に文芸化され洗練された趣向を見せている。登場人物は牧童や町の女たちで擬曲風であるが,彼らが歌う歌くらべや,恋愛,別離,追悼などのモティーフや言葉づかいは,テオクリトスが明らかに芸術的造詣の深い文人や学者たちなど,少数読者のために書いているという印象を強くする。…

【牧歌】より

…田園詩と呼ぶこともあり,羊飼いのほか,牛飼い,農夫らも登場した。前3世紀のアレクサンドリアの詩人テオクリトスによってジャンルとして確立されたが,彼自身は羊飼いでも農民でもなく,腐敗した宮廷に仕える宮廷詩人であった事実に注目すべきであろう。すなわち牧歌文学とは,けっして作者の目に映る現実を表すものではなく,その現実を裏返した陰画であった。…

【ラテン文学】より

…みずから詩人および歴史家でもあったポリオPollioは,文人を集めて朗読会を催す習慣を作った。 ウェルギリウスの最初の傑作《牧歌(詩選)》は,〈新詩人〉の精神に従ってアレクサンドリア派のテオクリトスのジャンルをラテン語で試みたものである。しかしローマの現状と将来に対する憂慮と関心が示され,救世者アウグストゥスの下で時代が生まれ変わるという彼の終生のテーマが早くも芽生えている。…

※「テオクリトス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android