コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダレイオス3世 ダレイオスさんせいDareios III; Darius III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダレイオス3世
ダレイオスさんせい
Dareios III; Darius III

[生]前380頃
[没]前330. バクトリア
アケメネス朝ペルシアの最後の王 (在位前 336/5~前 330) 。ダリウス3世とも呼ばれるアケメネス家の傍系。ペルシア名ダラヤウァウシュ。アルタクセルクセス3世とその子オアルセスを毒殺した大臣バゴアスの手により王位につくと,バゴアスを殺害。前 337年マケドニアフィリッポス2世がペルシアに敵対し始めたため,翌年フィリッポスを暗殺したという。しかしフィリッポスの子アレクサンドロス3世 (大王) の率いる遠征軍の前にグラニコスの戦い (前 334) で敗れ,イッソスの戦い (前 333) では母,妻子を捨てて敗走し,多額の身代金ユーフラテス川以西の領土を割譲する条件で和議を申し入れたが,拒絶され,ついにメソポタミアのガウガメラで大敗 (前 331) 。バクトリアで再挙をはかろうと試みたが,大王に追いつめられ,部下の信を失い,バクトリアのサトラップ (州総督) ベッソスにより暗殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ダレイオス3世の関連キーワード紫外線エアバスライブビューアレクサンドリア[古代]可視光線奄美諸島吸光光度法Live MOSセンサーアケメネス朝イスタンブール