コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィロメラ Philomēla

翻訳|Philomēla

2件 の用語解説(フィロメラの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フィロメラ【Philomēla】

ギリシア伝説で,アテナイ王パンディオンPandiōnの娘。トラキアテレウスTēreusに嫁いだプロクネProknēの妹。テレウスはプロクネとの間に1子イテュスItysをもうけていたにもかかわらず,プロクネが死んだと偽ってフィロメラを呼び寄せ,彼女を犯したあげく,口封じにその舌を切った。しかしフィロメラは,苦心の末,みずからの不幸を告げる文字を長衣に織り込んで姉に伝えたので,プロクネは妹を探し出し,復讐にイテュスを殺してその肉を夫に供した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィロメラ
ふぃろめら
Philomela

ギリシア神話のアテナイ(アテネ)王パンディオンの娘。パンディオンはテバイテーベ)のラブダコスと領土の境界線について争ったとき、トラキス王テレウスの援助で勝つことができたため、彼に娘プロクネを与えた。しかしテレウスは、やがてイテスが生まれるとパンディオンのもう1人の娘フィロメラに恋着する。そしてプロクネが死んだと欺いて彼女を呼び寄せ、犯したうえに口外を恐れて彼女の舌を切り取り、幽閉してしまう。フィロメラはしかたなく自分の不幸の一部始終を長衣に織り込み、それをひそかにプロクネのもとへ届けさせた。事の次第を知ったプロクネは、フィロメラを救い出し、復讐(ふくしゅう)のためテレウスに殺したイテスを食べさせてから、彼に向かってイテスの首を投げつけた。テレウスは2人を追いかけ、逃げる2人が神に祈ったところ、プロクネは鶯(うぐいす)に、フィロメラは燕(つばめ)に、テレウスは頭に逆毛をなびかせるヤツガシラに身を変じた。オウィディウスによれば、プロクネとフィロメラの変身が逆になっているが、いずれにせよ、鶯と燕とヤツガシラの特色の由来を説明する民間説話である。[伊藤照夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のフィロメラの言及

【アエドン】より

…春のウグイスのさえずりは,わが子を刃にかけたアエドンの嘆きであるという。この話はホメロスの《オデュッセイア》の中で,オデュッセウスの貞淑な妻ペネロペによって言及されているが,実子イテュスを殺して同じくウグイスに変容させられたフィロメラ(またはプロクネ)の話としばしば混同される。19世紀の英詩人スウィンバーンの《イテュルス》も,その題名にもかかわらず,明らかにイテュスのことを歌った詩である。…

【ナイチンゲール】より

…したがってこの鳥をめぐる伝説も多い。ギリシア神話ではフィロメラあるいはプロクネがナイチンゲールに姿を変えられたという。北欧神話では,フレイヤが長旅に出た夫を慕って探し回ったとき,哀愁をおびた歌をうたって慰めたのは彼女のお気に入りのこの鳥だったという。…

※「フィロメラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フィロメラの関連キーワードアテナイオスアテネアリアドネディオンテセウスニケアッティカメドゥーサヘファイストス神殿パンアテナイ競技場

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone