コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェスチュジエール Festugière, André Marie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェスチュジエール
Festugière, André Marie

[生]1898.3.15. パリ
[没]1982. オートマルヌ
フランスの哲学者,宗教思想家。 1918年エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) 卒業。ローマ,アテネのフランス学院所員を経て,24年ドミニコ会入会。ギリシア思想,宗教史を専門とし,43年以後パリのエコール・プラティック・デ・ゾート・ゼテュードでヘレニズム宗教の研究指導者をつとめた。主著『ギリシア人の宗教的理想と福音書』L'Idéal religieux des Grecs et l'Evangile (1932) ,『プラトンにおける観想と観想生活』 Contemplation et vie contemplative selon Platon (36) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フェスチュジエールの関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ゲタフラミニヌス黙秘権リナロール度量衡任意出頭被疑者内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android