フェニキア美術(読み)フェニキアびじゅつ(英語表記)Phoenician art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェニキア美術
フェニキアびじゅつ
Phoenician art

フェニキアの美術。前 3000年頃からエジプト・メソポタミア文明の影響のもとに始り,前 2000年頃からはエーゲ海文明と同化して独自の様式を生み出した。特にウガリトやビブロスでは,ブロンズの小彫像,各種工芸品,装身具などが作られ,前 15~13世紀頃の有名な『バール神』 (ルーブル美術館) をはじめ浮彫,石碑,図像で飾られた金銀製の容器などが多く残されている。さらにビブロス,ベイルート,シドン,テュロスの発掘により前 10~7世紀頃の外来様式を消化した独自の表現による宮殿跡が発見され,またフェニキア文字の記銘がある『タブニト王のエジプト風石棺』 (イスタンブール考古学博物館) ,象牙浮彫の碑板,金製の各種装身具などが出土した。さらにアフリカ北端の古代カルタゴにおいても前5~3世紀にかけてフェニキア美術の影響を受け,クアルトハダストで発掘されたいわゆる『巫女の石棺』 (カルタゴ国立美術館) などの浮彫彫刻をはじめ多くの注目すべき遺例がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android