コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェノッリオ フェノッリオ Fenoglio, Beppe

2件 の用語解説(フェノッリオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェノッリオ
フェノッリオ
Fenoglio, Beppe

[生]1922.3.1. アルバ
[没]1963. トリノ
イタリアの小説家。パルチザンとして解放戦争に参加。北イタリアランゲ地方において展開された抵抗運動を素材に,長・短編小説を書いた。主著『アルバ市の 23日』I ventitrè giorni della città di Alba (1952) ,『壊滅』 La malora (54) ,『戦火の一日』 Un giorno di fuoco (63) ,『パルチザン・ジョニー』 Il partigiano Johnny (68) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェノッリオ
ふぇのっりお
Beppe Fenoglio
(1922―1963)

イタリアの小説家。ポー川上流の都市アルバに生まれる。第二次世界大戦末期に熾烈(しれつ)を極めたこの地方のレジスタンスに加わった体験が、戦後の作家活動に決定的な役割を担った。まず、ビットリーニ編集のジェットーニ叢書の一冊として、パルチザンの生活を描いた短編集『アルバ市の23日間』(1952)を発表。だが、その名声を決定的にしたのは、レジスタンスが生んだもっとも美しい小説といわれる長編『個人的な問題』(1965)、戦火のさなかに出会うさまざまなできごとをむしろ人生そのものとしてとらえた『パルチザン・ジョニニー』(1968)などで、いずれも死後に発表された。ほかに『美しい春』(1959)など。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェノッリオの関連キーワード階乗アルバトロスエヌ没・歿勃・歿・没三角数ギルバートNルイスカルバメートエルバカン,N.

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone