コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェノッリオ Fenoglio, Beppe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェノッリオ
Fenoglio, Beppe

[生]1922.3.1. アルバ
[没]1963. トリノ
イタリアの小説家。パルチザンとして解放戦争に参加。北イタリア,ランゲ地方において展開された抵抗運動を素材に,長・短編小説を書いた。主著『アルバ市の 23日』I ventitrè giorni della città di Alba (1952) ,『壊滅』 La malora (54) ,『戦火の一日』 Un giorno di fuoco (63) ,『パルチザン・ジョニー』 Il partigiano Johnny (68) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェノッリオ
ふぇのっりお
Beppe Fenoglio
(1922―1963)

イタリアの小説家。ポー川上流の都市アルバに生まれる。第二次世界大戦末期に熾烈(しれつ)を極めたこの地方のレジスタンスに加わった体験が、戦後の作家活動に決定的な役割を担った。まず、ビットリーニ編集のジェットーニ叢書の一冊として、パルチザンの生活を描いた短編集『アルバ市の23日間』(1952)を発表。だが、その名声を決定的にしたのは、レジスタンスが生んだもっとも美しい小説といわれる長編『個人的な問題』(1965)、戦火のさなかに出会うさまざまなできごとをむしろ人生そのものとしてとらえた『パルチザン・ジョニニー』(1968)などで、いずれも死後に発表された。ほかに『美しい春』(1959)など。[川名公平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フェノッリオの関連キーワードネオレアリズモ3月1日

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android