コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェラシー遺跡 フェラシーいせきFerrassie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェラシー遺跡
フェラシーいせき
Ferrassie

フランス,ドルドーニュ地方の旧石器時代の中心地レゼジーの西 5kmにある中期~後期旧石器時代岩陰遺跡。A~Lの層が確認されている。A~Dは中期旧石器文化ムスティエ文化,Eはシャテルペロン文化 (下部) ,オーリニャック文化グラベット文化の中間的なもの,F~Hはオーリニャック文化,J~Lはグラベット文化の遺物が出土している。F~Lの各層によって,オーリニャック,グラベット両文化の細分がなされている。この遺跡によって,フランスの中期~後期旧石器時代前半の文化の変遷が跡づけられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のフェラシー遺跡の言及

【オーリニャック文化】より

…フランス,ピレネー地方のオーリニャックAurignac遺跡を標準遺跡とする後期旧石器時代文化。この文化は寒冷期に出現し(第I期),やがて急激な気候温暖期をむかえる(第II期)。これはアルシー温暖期にあてられ,炭素14法によって3万0500年前ごろとされる。オーリニャック文化は,20世紀初頭,ムスティエ文化ソリュートレ文化の間に位置づけられ,その後H.ブルイユによって3期に区分された。さらにその前・中・後の各期はおのおのをシャテルペロン文化,オーリニャック文化,グラベット文化と呼ばれることになる。…

【ムスティエ文化】より

…生存に目的意識を集中する域を脱し,たとえば赤色顔料を塗って死体を埋葬する観念をもつに至った最古の証拠をこの文化は残している。スピー洞窟(ベルギー),シャペル・オー・サン洞窟,ムスティエ岩陰,キナ遺跡,フェラシー遺跡(以上フランス)などに人骨の出土をみる。【山中 一郎】。…

※「フェラシー遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone