フェルディナン ブリュンティエール(英語表記)Ferdinand Brunetière

20世紀西洋人名事典の解説

フェルディナン ブリュンティエール
Ferdinand Brunetière


1849 - 1906
フランスの批評家,文学史家。
元・エコール・ノルマル・シュペリウール教授。
ツーロン生まれ。
ルイ・ル・グラン高等中学で学び、エコール・ノルマル・シュペリウールの入試に失敗。独学でフランス文学研究を行い、1883年「自然主義小説」で批評家としての地位を確立する。1886年エコール・ノルマル・シュペリウールの教授に就任、又、1875年から「両世界評論」誌に自然主義攻撃の論文を寄稿し始め、1893年同誌の主筆となる。自然主義や象徴主義など新しい文学運動に反対態度を示し、文学史においてはジャンル進化説を唱える。晩年はカトリシズム擁護の論陣を張る。他の作品に「フランス文学史要綱」(1897年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android