フェルディナント テニエス(英語表記)Ferdinand Tönnies

20世紀西洋人名事典の解説

フェルディナント テニエス
Ferdinand Tönnies


1855.7.26 - 1936.4.9
ドイツの社会学者。
元・ドイツ社会学会長。
シュレースヴィヒ・ホルシュタインのホーフ・リーグ生まれ。
1881年キール大学で教授資格を取得。1891年より同大学の名義上の教授となり、1908年員外教授を経て’09年より14年間教授を務める。’21〜33年ドイツ社会学会長として活躍。社会学の分野に広く影響を与え、現在も社会の基本的類型を表現する言葉である「ゲマインシャフトゲゼルシャフト」(1887年)を著した事で有名。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

フェルディナント テニエス

生年月日:1855年7月26日
ドイツの社会学者
1936年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android