フェルナンド・デ・ノロニャ[諸島](英語表記)Ilhas Fernando de Noronha

世界大百科事典 第2版の解説

フェルナンド・デ・ノロニャ[諸島]【Ilhas Fernando de Noronha】

大西洋上のブラジル領の諸島。火山性の六つのおもな島と14の小島からなる。ブラジル北東岸のナタールの北東約300kmの海域にある。総面積26km2。人口約3000。最高点はピコの321m。気候はブラジル北東部海岸に類似するが,森林は乱伐と強風のため破壊されている。16世紀初めに発見され,受封者の名をとって命名された。ブラジル独立後は刑務所として用いられてきた。現在は軍の管轄下にある。経済活動は牧畜,グアノ(埋蔵量100万t)採取が中心。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android