フェーマルン[島](英語表記)Fehmarn

世界大百科事典 第2版「フェーマルン[島]」の解説

フェーマルン[島]【Fehmarn】

バルト海南部,キール湾とリューベック湾の間にある島。面積185km2。人口約6500。ドイツのシュレスウィヒ・ホルシュタイン州に属する。本土とは幅1km余のフェーマルン海峡で隔てられ,デンマークのロラン島とは幅19kmのフェーマルンベルトをはさんで対する。島は氷河の削剝による低平な波状地で,最高点は27m。農牧業が盛んで,主要都市はブルクBurg。1963年鉄橋が完成して本土とつながった。【武田 むつみ

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android