コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キール湾 キールわんKieler Bucht

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キール湾
キールわん
Kieler Bucht

ドイツ北部,ユラン (ユトラント) 半島の東側基部にある湾。沖合いにデンマークの島々があり,東方はフェーマルン海峡を経てバルト海,北方はストレ海峡,カテガト海峡などを経て北海に通じる。切立った崖が連なり,多くの入江がある。南西部入江の奥に軍港キールがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キール湾
きーるわん
Kieler Bucht

ドイツ北部、バルト海沿岸の湾。シュライ湾の湾口部とフェーマルン島の間の広い湾入部全体をさす。湾の奥にはキーラーフェルデやエッケルンフェルデなど、更新世(洪積世)に氷河によって形成された湾が内陸に深く食い込み、キーラーフェルデの湾奥には、キールの市街がある。1895年以来、毎年6月下旬に「キールの週」という国際的なヨットレースが開かれている。[浮田典良]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キール湾の関連キーワードネルソン(Horatio Nelson Viscount Nelson)ナポレオン戦争史(年表)フェーマルン[島]ナポレオン(1世)キール(ドイツ)フレンスブルクエジプト遠征ナイルの戦いアブキールエルベ川イドクーネルソン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android