教唆(読み)キョウサ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐さ〔ケウ‐〕【教唆】

[名](スル)
ある事を起こすよう教えそそのかすこと。「教唆扇動」
「法外な給料増加の請求を坑夫等に―し」〈木下尚江火の柱
他人をそそのかして犯罪実行の決意を生じさせること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

教唆【きょうさ】

他人をそそのかして犯罪実行の決意を起こさせること。共犯の一形式。教した結果,被教唆者が決意・実行したときは教唆犯として正犯に準じて処罰(刑法61条)。教唆方法は明示・黙示,直接・間接を問わない。破壊活動防止法刑事特別法などは被教唆者の実行をまたず,教唆を独立犯として処罰。
→関連項目自殺関与罪従犯証拠隠滅罪内乱罪

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

きょうさ【教唆】

( 名 ) スル
おしえそそのかすこと。けしかけること。 「 -扇動」 「間接に変乱を-する/福翁百余話 諭吉
〘法〙 他人をそそのかして、犯意を生じさせること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の教唆の言及

【教唆犯】より

…人を教唆して犯罪を実行させること(刑法61条)。教唆とは,人に犯罪を実行する決意を生ぜしめることをいう。…

※「教唆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教唆の関連情報