フォックス(読み)ふぉっくす(英語表記)James Emory Foxx

  • 1907―1967

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカのプロ野球選手(右投右打)。大リーグ(メジャー・リーグ)のフィラデルフィア・アスレチックス(現オークランド・アスレチックス)、ボストン・レッドソックス、シカゴ・カブス、フィラデルフィア・ブルージェイズ(現フィラデルフィア・フィリーズ)でおもに一塁手としてプレー。「ザ・ビースト」とよばれたほどの怪力で強打を飛ばし、三冠王も獲得したスラッガーである。
 10月22日、メリーランド州サドラーズビルで生まれる。1924年、アスレチックスに入団。当初は捕手で、25年に大リーグに昇格した。一塁手へ本格的に転向した1929年から長距離打者へと変貌(へんぼう)し、12年連続ホームラン30本以上、13年連続打点100以上をマークした。その1929年からチームは2年連続でワールド・シリーズを制し、31年もリーグ優勝。翌32年には本塁打と打点の二冠王となり、33年には三冠王を獲得し、両年とも最優秀選手(MVP)に選ばれた。風貌がよく似ており、ホームラン打者であったことから、「右打ちのベーブ・ルース」とよばれた。1935年にも本塁打王を獲得。翌36年にはレッドソックスに移籍し、38年には首位打者と打点の二冠王で3回目のMVPを受賞した。1939年にも本塁打王となった。1941年に打点は105ながらホームラン19本と強打に陰りがみえると、42年の途中でカブスに放出された。1945年はフィラデルフィア・ブルージェイズでプレーしたが7本塁打に終わり、同年限りで引退した。
 20年間の通算成績は、出場試合2317、安打2646、打率3割2分5厘、本塁打534、打点1922。獲得したおもなタイトルは、新人王、首位打者2回、本塁打王4回、打点王3回、MVP3回。1951年に野球殿堂入り。[山下 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フォックスの関連情報