フィラデルフィア・フィリーズ(読み)ふぃらでるふぃあふぃりーず(英語表記)Philadelphia Phillies

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィラデルフィア・フィリーズ
ふぃらでるふぃあふぃりーず
Philadelphia Phillies

アメリカのプロ野球球団。ナショナル・リーグ所属(東地区)。フランチャイズをペンシルベニア州フィラデルフィアに置き、シチズンズバンク・パークを本拠地としている。球団名の変遷は、フィラデルフィア・クエイカーズ(1883年)―フィラデルフィア・フィリーズ(1890年)―フィラデルフィア・ブルージェイズ(1944年)―フィラデルフィア・フィリーズ(1946年)。
 ウースターにあったマイナー・リーグ球団を買収してフィラデルフィアに移転させ、1883年からナショナル・リーグに加盟、クエイカーズとして発足した。1890年から現名称となった。球団初優勝は1915年。大投手ピート・アレキサンダーPete Alexander(1887―1950)は、この年から17年まで3年間も投手三冠王(最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振)となり続けた。ワールド・シリーズではボストン・レッドソックスと対戦したが敗れた。2回目の優勝は1950年。通算286勝のエース右腕ロビン・ロバーツRobin Roberts(1926― )を擁したが、ワールド・シリーズではニューヨーク・ヤンキースに勝てなかった。両リーグ2地区制となった1969年からは東地区に配属された。1971年にベテランズ・スタジアム(2003年まで本拠地)が開場。本塁打王8回の長距離打者マイク・シュミットと、歴代2位の通算4136奪三振という左腕スティーブ・カールトンSteve Carlton(1944― )が中心となって1976年から3年連続地区優勝。シュミットが本塁打と打点の二冠王で最優秀選手(MVP)、カールトンが最多勝と奪三振の二冠王でサイ・ヤング賞をそれぞれ受賞した1980年にはリーグ優勝。ワールド・シリーズではカンザスシティ・ロイヤルズと対戦し、4勝2敗で降して球団初の「世界一」となった。1981年も、シュミットが前年同様の二冠王でMVPを受賞。この年はストライキで前、後期制となり、前期優勝して後期優勝のモントリオール・エクスポズ(現ワシントン・ナショナルズ)との5試合制の地区優勝決定プレーオフを戦ったが敗れた。1983年、そしてカート・シリングがエースとなった1993年にもリーグ優勝したが、両年ともワールド・シリーズでは勝てなかった。両リーグ3地区制が導入された1994年からも東地区所属となったが、その後は2001年の2位を最高に低迷が続いた。現本拠地が開場した2004年は、42本のホームランを打った主砲トーミーの活躍などで2位に浮上した。[山下 健]

2005年以降

2005年、06年はともに地区2位。2007年には、1993年以来14年ぶりとなる7回目の優勝を果たした。しかし、プレーオフではコロラド・ロッキーズに破れ、リーグ優勝はならなかった。この年のシーズン途中にはシカゴ・ホワイトソックスから井口資仁(ただひと)が移籍、攻守にわたってチームの地区優勝に貢献した。2008年からは田口壮(そう)がプレー。
 1883年から2007年までの通算成績は、8853勝10029敗、地区優勝7回、リーグ優勝5回(うち1リーグ時代は0回)、ワールド・シリーズ優勝1回。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

フィラデルフィア・フィリーズ

《Philadelphia Phillies》MLB(メジャーリーグ・ベースボール)加盟のプロ野球チーム。略称はPHI。ナショナルリーグ東地区に所属。創設年は1883年。本拠地はアメリカ、ペンシルベニア州フィラデルフィア、シチズンズ・バンク・パーク。設立時はフィラデルフィア・クエーカーズ、1890年に現チーム名になった。ワールドシリーズ初制覇は1980年。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フィラデルフィア・フィリーズの関連情報