コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルスタッフ John Falstaff

大辞林 第三版の解説

フォルスタッフ【John Falstaff】

シェークスピアの「ヘンリー四世」「ウィンザーの陽気な女房たち」に登場する老騎士。大酒飲みでほら吹きだが、愛すべき人物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォルスタッフ
ふぉるすたっふ
John Falstaff

イギリスの劇作家シェークスピアの作中人物で、史劇『ヘンリー4世』に登場する老騎士。太鼓腹(たいこばら)の大酒飲みで、大言壮語をするが実は臆病(おくびょう)者。青年時代のハル王子の親友で、王子に悪事を勧める。フォルスタッフは強盗まがいのことをやってのけたり、募兵金の上前をはねたり、戦場に出て強敵に出会えば死んだふりをするなど、騎士の風上に置けない人物であるが、陽気な楽天家で、独特のユーモアに満ちている。ローマ喜劇に源を発するミレス・グロリオソスとよばれる、ほら吹き兵士の系列に属する人物のタイプであるが、名誉をむなしいものと断定するなど、新しい市民階級の理念の代弁者でもある。伝説によれば、この劇を好んだエリザベス1世が、恋するフォルスタッフを見たいと所望したため、シェークスピアが書いたのが『ウィンザーの陽気な女房たち』であるという。ここでは2人の人妻に同じ恋文を送って愚弄(ぐろう)される老好色漢となっている。[小津次郎]
『中野好夫訳『ヘンリー4世』全二巻(岩波文庫) ▽大山敏子訳『ウィンザーの陽気な女房たち』(旺文社文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フォルスタッフの関連キーワードウェルズ(Orson Welles)オーソン・ウェルズのフォルスタッフファルスタッフウィンザースイセン宇井晴雄大酒飲み

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フォルスタッフの関連情報