フォルム・ロマヌム(読み)フォルムロマヌム

百科事典マイペディアの解説

ローマのカピトリヌス,パラティヌス,クイリナリス,エスクイリヌスの四つの丘に囲まれた低地に設けられたフォルム。イタリア語ではフォロ・ロマーノForo Romano。周囲には神殿その他各種の公共建築が建てられた。王政時代に市場として用いられ,共和政時代から公民会場として政治,宗教の中心となった。中世に荒廃。19世紀以後発掘され,現在は円柱や神殿,バシリカの跡がところどころに残る。
→関連項目ローマ(都市)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android