フォーブッシュ減少(読み)フォーブッシュゲンショウ

デジタル大辞泉の解説

フォーブッシュ‐げんしょう〔‐ゲンセウ〕【フォーブッシュ減少】

Forbush decrease》地球に降り注ぐ宇宙線の強度が太陽活動による磁気嵐が発生したときに減少すること。フレアで放出された荷電粒子が宇宙線を遮るためと考えられている。名称は宇宙線を研究した米国の物理学者スコット=フォーブッシュにちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法則の辞典の解説

フォーブッシュ減少【Forbush decrease】

宇宙線強度は磁気嵐のおりに著しく減少する.これは太陽風によって,外部から太陽系へと降り注ぐ宇宙線が阻止される結果である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android