太陽活動(読み)たいようかつどう(英語表記)solar activity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽活動
たいようかつどう
solar activity

太陽の表面は常に同じ状態にあるわけではなく,粒状斑黒点白斑,フレア (太陽面爆発) ,プロミネンスなど,さまざまな変化が見られる。これらの変化を総称して太陽活動という。磁気嵐オーロラなどの形で地球にも種々の影響を与える。黒点の増減に見られるような 11年の周期がある。 1991年,活動期がピークに達するのに合わせ,日本では地上にヘリオグラフという電波望遠鏡を建設し,宇宙空間に天文衛星「ようこう」を打ち上げて,太陽フレアなどを観測した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

太陽活動の関連情報