コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサゴカイ(房沙蚕) フサゴカイ

1件 の用語解説(フサゴカイ(房沙蚕)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フサゴカイ【フサゴカイ(房沙蚕)】

多毛綱フサゴカイ目Terebellidaに属する環形動物の総称。頭端にある多数の糸状感触手が房状になっているところからこの名がある。海岸の転石の下や岩の割れ目などに潜っているが,深海の泥底にすむものもある。世界で約650種,日本には60種知られている。体長3~10cm,環節数100~250。体は頭部,胸部と腹部の3部分にわかれ,ほぼ円筒状で前部が肥厚し,後方になるにつれて細くなる。胸部は10~20剛毛節からなり,前方には糸状または樹枝状のえら(鰓)が2~3対ある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone