フサゴカイ(房沙蚕)(読み)フサゴカイ

世界大百科事典 第2版の解説

多毛綱フサゴカイ目Terebellidaに属する環形動物総称。頭端にある多数の糸状感触手が房状になっているところからこの名がある。海岸転石の下や割れ目などに潜っているが,深海の泥底にすむものもある。世界で約650種,日本には60種知られている。体長3~10cm,環節数100~250。体は頭部胸部腹部の3部分にわかれ,ほぼ円筒状で前部が肥厚し,後方になるにつれて細くなる。胸部は10~20剛毛節からなり,前方には糸状または樹枝状えら(鰓)が2~3対ある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android