フザリウム(英語表記)Fusarium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

不完全菌類モニリア目淡色線菌科のカビ。種類数は確実なものだけでも 30種ほどある。寄生するもの,単独生活するものなどいろいろあり,全世界的に分布している。その分生子三日月形で,1~数個の隔壁を有しているのが特徴であるが,しばしば培養を続けると,このような形でなく簡単な胞子を形成するようになることもある。またジベレラ Gibberellaやネクトリア属 Nectriaのある種の分生子の世代はフザリウム型であることは実験的に確かめられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

不完全糸状菌綱に分類される菌類の1属。鎌形~長紡錘形~半月形で,多細胞の大分生子をもち,その基端に柄足細胞がある。このほか,円筒形の小分生子をつくるものもある。植物寄生菌種が多く,立枯(たちがれ)病,根腐(ねぐされ)病,つる割れ病などを起こすが,イネの主要病害の一つで,イネを徒長させる馬鹿苗(ばかなえ)病もこの属の菌による。この馬鹿苗病菌からイネの長をひき起こす物質が日本で分離され,ジベレリンと名づけられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフザリウムの言及

【立枯病】より

…土壌病原菌によって植物の全身がしおれ,生気を失って枯れる現象を立枯れといい,根や地際部が侵されて株全体が枯死するとき,また通導組織が侵害されて水分の上昇が妨げられるときに立枯病となる。病原は植物によって異なり,ムギ類ではGaumannomyces graminisが,ダイズ,エンドウ,ルピナスではFusarium oxysporumが,ミツバ,キクではRhizoctonia solaniが病原菌となる。また多くの作物が苗時代にしおれたり,胚軸部が侵されて枯死に至ることがあるが,これは苗立枯病といわれる。…

※「フザリウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android