コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徒長 トチョウ

デジタル大辞泉の解説

と‐ちょう〔‐チヤウ〕【徒長】

[名](スル)作物・樹木の茎や枝などがむだにのびてしまうこと。肥料の過多、日照の不足などから起こる。「徒長枝(し)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とちょう【徒長】

( 名 ) スル
窒素や水分の過多や日照不足などから、作物の茎や枝が通常以上に長く軟らかく伸びること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

徒長の関連キーワード穎割れ大根・頴割れ大根シュート(植物器官)ハマナツメ(浜棗)植木(園芸樹木)アラゲツユクサウグイスカグラ成長ホルモンユーカリノキ藪田貞治郎寛喜の飢饉アゲラタムヤマイバラネモフィラウルシニアジベレリンフザリウム軟化栽培馬鹿苗病住木諭介カリシア

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android