コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フシツナギ

海藻海草標本図鑑の解説

フシツナギ

からだは細い円柱状で,対生に枝を出し,一定の間隔でくびれ,その名のとおり節をつないだように見える。糸状根が枝 分かれしながら岩上を這い,そこから直立体が叢生する。枝の先端は丸みを帯びる。皮層には小さな細胞が並び,髄層にはやや大きな円柱状の細胞が粗に並ぶ が,からだのくびれた部分を除いて中空となる。手触りは弾力があるがやや硬い。生体は紅色〜明るい紅色。押し葉標本は台紙につかない。コスジフシツナギに似る時があるが,コスジフシツナギは分枝の間隔や節間がより短く,節間部は紡錘形に近く,手触りが柔らかくしっとりしている。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フシツナギ
ふしつなぎ
[学]Lomentaria catenata Harvey

紅藻植物、ワツナギソウ科の海藻。体色は赤紅色のほか、黄紅色または緑色がかるなど変化が多い。体枝は5~10ミリメートルおきにくくれるという特徴をもつ。体高30センチメートル以内の散房形の多年生藻で、分布は日本各地と広い。[新崎盛敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android