コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジマツモ Rhodomela larix

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フジマツモ
Rhodomela larix

紅藻類イギス目フジマツモ科の海藻。潮間帯上部の岩上に群落をつくって着生する。藻体は軟骨質で高さ 10~25cm,太さ1~2mmの円柱状で分枝し,さらに小枝が密におおっているのでスギの葉のようにみえる。北海道,太平洋岸北部,千島にみられベーリング海,アメリカ西岸にも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

海藻海草標本図鑑の解説

フジマツモ

からだは太い紐状で円柱状。盤状の付着器から叢生する。分岐は各方面に互性的に不規則で,さらに体全面に有限生長の 短い剛毛のような末端小枝をつけるが,基部付近では小枝が消失し主軸が露出する事もしばしば見られる。潮間帯下部の岩上において群落を形成することも多 い。手触りは質感があり強靱で,表面に丈夫な小枝が密生しているためガサガサとしたかさばる感じがある。生体は明褐色から褐色だが,乾燥してくると黒みが かった色へと変色する。押し葉標本は台紙に付着しない。褐色がかった色合いや剛毛のような小枝を密につける形態,また,生態において群落を形成する事などから,ウミトラノオに非常によく似た印象を受ける。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フジマツモ【Neorhodomela aculeata (Perest.) Masuda】

北海道や東北地方太平洋沿岸などの,寒海域の潮間帯の高潮線付近の岩上に,群落をつくって生育するスギの小枝に似た形状のフジマツモ科の暗褐色の紅藻。茎は円柱状で太さ1~1.8mm,枝を羽状に出し,茎や枝の周囲には1.5~3mmの長さのとげ状の小枝が密生する。体は高さ15~35cmになる。臭素化合物を含むことが知られ,太平洋戦争中は臭素資源として盛んに採取された。似た種類にイトフジマツモN.munita (Perest.) MasudaやホソバフジマツモRhodomela teres (Perest.) Masudaなどがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フジマツモの関連キーワードトゲノリ(棘海苔)マクリ(海人草)イトグサ(糸草)アスパラギン酸鷓鴣菜海人草マクリ海仁草末久利ユナソゾ

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android