コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽海流 つがるかいりゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津軽海流
つがるかいりゅう

津軽海峡から太平洋へ流れ出る暖流津軽暖流ともいう。日本海沿岸を北上する対馬海流枝分れで,暖流の厚さは 200mぐらい。下に親潮系の冷水が入り込んでいる。水温は冬でも7℃以上,夏は 22℃ぐらい。塩分は中心部で 33.9‰以上,流速は1~2ノット。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つがるかいりゅう【津軽海流】

日本の本州北端,津軽海峡を日本海側から太平洋側に抜ける海流。日本海の対馬海流が源となっている。太平洋に出たあと南下して三陸沖から金華山沖付近に達する。水温は夏で最高22℃くらい,冬でも7℃程度あることが多い。太平洋で津軽海流と接する親潮は水温が低く,顕著な潮境が見られる。このとき津軽海流は暖水塊を形成することが多く,このため津軽暖流とも呼ばれる。海流としては流れが弱く,流軸の流速が1ノット内外であると見積もられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

津軽海流の関連キーワード親潮第1分枝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android