フッカー(読み)ふっかー(英語表記)Sir Joseph Dalton Hooker

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フッカー(Sir Joseph Dalton Hooker)
ふっかー
Sir Joseph Dalton Hooker
(1817―1911)

イギリスの植物地理学者。サフォーク県ヘールズワースに生まれる。父のウィリアムSir William Jackson Hooker(1785―1865)はキュー植物園長を務めた。1839年グラスゴー大学で医学博士の学位を得たのち、ロスの南氷洋探検隊に副外科医として参加。のち、インド北部の辺境地方への探検旅行を行った。著書は『南極地方植物誌』Flora Antarctica(1844~1847)その他がある。『種の起原』の著者ダーウィンは、フッカーを「私の生涯を通じて最良の友の一人」とよんで深く信頼した。フッカーはライエルといっしょに、渋るダーウィンを励まして彼の主著の出版を決行させた。また、ハクスリーとともに、進化論的哲学者スペンサーに生物学上のアドバイスを与えた。後年、父を継いでキュー植物園長に就任した。[渋谷寿夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フッカーの関連情報