コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライエル ライエル Lyell, Sir Charles

6件 の用語解説(ライエルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライエル
ライエル
Lyell, Sir Charles

[生]1797.11.14. スコットランド,キノーディ
[没]1875.2.22. ロンドン
イギリスの地質学者。1832~33年ロンドンのキングズ・カレッジ地質学教授。1834年デンマークスウェーデンに調査旅行,1837年ノルウェー,1841年と 1845年にはアメリカ合衆国カナダ,その後カナリア諸島シチリア島など広く調査を重ねた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ライエル(Charles Lyell)

[1797~1875]英国の地質学者。「地質学原理」を著し、J=ハットンの学説を「斉一説」として発展させて提唱し、地質学会やダーウィンに影響を与えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ライエル

英国の地質学者。スコットランド生れで,生涯の大部分をイングランド南部で過ごした。オックスフォード大学で法律を学び弁護士となったが,1827年以降地質学の研究に専念。
→関連項目斉一説ハットン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ライエル【Charles Lyell】

1797‐1875
イギリスの地質学者。スコットランドの大地主の子として生まれる。1816年オックスフォード大学に入り,法律学を学ぶが,しだいに地質学に関心をもち,19年からロンドン地質学会会員となって研究を発表するようになる。21年卒業後弁護士となったが,27年からは地質学研究に専念する。ヨーロッパ各地を旅行した調査から,地球上では過去も現在と同じ自然の作用が働いていたという斉一説に傾き,30年《地質学原理》の第1巻を出版した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ライエル【Charles Lyell】

1797~1875) イギリスの地質学者。「地質学原理」を著し、地球上にはたらく自然の作用は、昔も今も変わらないというハットンらの「斉一過程説」を発展させ、ダーウィンの進化論成立に影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライエル
らいえる
Sir Charles Lyell
(1797―1875)

イギリスの地質学者。スコットランドのインノーディーに生まれる。オックスフォード大学で法律を学ぶ。のちに地質学に興味をもち、業務の合間に地質学を研究した。ロンドン大学キングズ・カレッジの教授、ロンドン地質学会会長となる。1830~1833年に『地質学原理』を著し、ハットンが唱えた学説を「斉一説」として提唱し世に広めるとともに、地質学に近代科学としての光をあてた。ダーウィンは進化論を提唱するにあたってこの著作の影響を強く受けたが、ライエルもまた後年ダーウィンの影響を受けた著作『古代の人間』(1863)を著している。終生熱心な自然観察者であり、老いても野外調査を捨てなかった。また、自然を観察してその記述にとどまるだけでなく、それから説をたてることをつねに心がけた。[木村敏雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のライエルの言及

【古生物学】より

…これに対して,無脊椎動物化石研究の端緒を作ったJ.B.deラマルク(1744‐1829)が反論し,今日の進化論につながる見解を発表した。この論争自体はキュビエの勝利に終わったが,天変地異説の方はC.ライエル(1797‐1875)の《地質学原理》(1830)で否定されることになった。ライエルの思想は〈斉一説uniformitarianism〉といわれ,〈現在は過去の鍵である〉ことを強調している。…

※「ライエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ライエルの関連キーワードスコットランドヤードスコティッシュ・テリアマーチソンスコッチツイードエコセーズチェビオットHighlandsスコットランド幻想曲スコットランド室内管弦楽団スコットランド風

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライエルの関連情報