コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フトモズク Tinocladia crassa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フトモズク
Tinocladia crassa

褐藻類ナガマツモ目ナガマツモ科の海藻。波の静かな潮間帯下部の岩石に着生する。太さ1~3mm,多少不規則に分岐し,全長 15cmに及ぶ。北海道を除く諸所に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フトモズク【Tinocladia crassa (Suringar) Kylin】

北海道や東北地方などの寒海域を除く,日本各地の潮間帯下部の岩上に生育する褐藻類ナガマツモ科の1種。食用となる。体は黄褐色,円柱状で粘質に富み,柔らかい。体の各方面に多数の枝を出すが,分枝は基部付近でとくに密である。体は太さ1~3mm,高さ10~15cmになる。春から初夏によく繁茂し,春に採取して塩漬にして保存し,酢であえて食用にする。似た海藻モズクは体が1mm以下と細いが,高さは30cmくらいにもなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフトモズクの言及

【モズク】より

…最近ではロープを使った人工養殖も行われる。近縁の海藻にフトモズクやオキナワモズクなどがあり,共に食用となる。【千原 光雄】。…

※「フトモズク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フトモズクの関連キーワード州海苔

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android