コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フトモズク フトモズク Tinocladia crassa

2件 の用語解説(フトモズクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フトモズク
フトモズク
Tinocladia crassa

褐藻類ナガマツモ目ナガマツモ科の海藻。波の静かな潮間帯下部の岩石に着生する。太さ1~3mm,多少不規則に分岐し,全長 15cmに及ぶ。北海道を除く諸所に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フトモズク【Tinocladia crassa (Suringar) Kylin】

北海道や東北地方などの寒海域を除く,日本各地の潮間帯下部の岩上に生育する褐藻類ナガマツモ科の1種。食用となる。体は黄褐色,円柱状で粘質に富み,柔らかい。体の各方面に多数の枝を出すが,分枝は基部付近でとくに密である。体は太さ1~3mm,高さ10~15cmになる。春から初夏によく繁茂し,春に採取して塩漬にして保存し,酢であえて食用にする。似た海藻モズクは体が1mm以下と細いが,高さは30cmくらいにもなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフトモズクの言及

【モズク】より

…最近ではロープを使った人工養殖も行われる。近縁の海藻にフトモズクやオキナワモズクなどがあり,共に食用となる。【千原 光雄】。…

※「フトモズク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フトモズクの関連キーワードウミネコオオジシギ群来太平洋側気候御晩北日本北東北南東北秋味漬けヒバマタ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone