コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フナ鮨 フナずし

百科事典マイペディアの解説

フナ鮨【フナずし】

ニゴロブナなどのフナを用いたなれずし(熟鮨)で琵琶湖の名産。フナの鰓(えら)や臓物を抜き強く塩漬した後,かたくたいた米飯に漬け込み熟成させる。酒粕(さけかす)や麹(こうじ)を加えることもある。特有の風味を呈し,薄切りにし醤油で,または熱湯をかけて吸物や茶漬にする。
→関連項目すし(鮓/鮨)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android