コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸(い)物 スイモノ

百科事典マイペディアの解説

吸物【すいもの】

日本料理の汁物の一種。古くは熱いことを原則としたので羹(あつもの)と称した。みそ汁も含むが,一般にはすまし汁をさす。普通の献立では酒のさかなとして吸物を,飯の菜としてみそ汁を供する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の吸(い)物の言及

【汁物】より

…古くは熱き物の意で〈あつもの〉と呼び,〈羹〉の字をあてた。平安時代以後,汁,汁物のほか,熟汁,温汁,冷汁(ひやしる)(寒汁)などが見られ,室町時代からは吸物の称も出現した。現代では汁と吸物の区別は,人によって解釈も区々であり,事実上は同義語のように使われている。…

※「吸(い)物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

吸(い)物の関連キーワード名数/ものの数え方の例(助数詞)とろろ汁(薯蕷汁)つみいれ(摘入)目黒のさんま占め子・占子ふきのとう池田 菊苗走らかす茶碗蒸し精進落し酸素呼吸とろろ汁本膳料理はんぺんこのわた茶道具海藤花木の芽四つ椀皮鯨

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吸(い)物の関連情報