コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶漬 ちゃづけ

4件 の用語解説(茶漬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

茶漬
ちゃづけ

白飯に熱い湯や茶,出し汁を掛けて食べる食事。かつては多忙と粗食の代名詞のようにいわれたが,今日ではたい茶漬,海苔茶漬などと称し,嗜好食として普及している。起源は奈良時代にまでさかのぼるといわれ,節米の手段として飯を薄めた粥が食され,さらに料理の手間を省くものとして普及したと伝えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

茶漬【ちゃづけ】

米飯に熱い茶をかけた食事。飯に湯をかけて食べる湯漬は古くから行われたが,江戸時代に煎茶が普及してからは茶漬が簡便な食事法として広まった。普通は冷飯に番茶をかけ漬物等で食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃづけ【茶漬】

飯に茶をかけたもの。飯に水をかけて食べる水飯(すいはん)や湯をかけて食べる湯漬(ゆづけ)は古くから行われており,《源氏物語》その他の平安期の文学作品にもしばしば名が見られる室町時代にはむやみに湯漬が愛好されたが,これは足利義政が酒に酔ったとき飯に湯をかけて食べたことから,世上一般に広まったなどといわれ,供宴においての湯漬の供し方や食べ方についての約束事さえ設けられる始末であった。茶漬が日常的なものになるのは,江戸時代になって煎茶が普及してからのことになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茶漬の関連情報