コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フビェズドスラフ フビェズドスラフ Hviezdoslav

2件 の用語解説(フビェズドスラフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フビェズドスラフ
フビェズドスラフ
Hviezdoslav

[生]1849.2.2. ビシュニークビーン
[没]1921.11.8. ドルニークビーン
スロバキアの代表的詩人。本名 Pavol Országh。全生涯を通じて民族的で民主的な思想を鼓舞した。初期にはハンガリー語で書いた詩もあるが,のちにはスロバキア語で書き,オラバ地方の生活などを題材とした叙事詩に優れた作品が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フビェズドスラフ
ふびぇずどすらふ
Pavol Hviezdslav
(1849―1921)

チェコスロバキアの詩人。本名オルサーグ。ハンガリー系であるが、スロバキアの近代詩形の確立に貢献した。作品の多くは民族色の濃いもので、田園生活や自然を歌っているが、題材の種類は多い。代表作は物語詩『森番の妻』(1886)、連作反戦詩『血のソネット』(1914)、聖書から主題を得た『ヘロデスとヘロディアス』(1909)など。[飯島 周]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フビェズドスラフの関連キーワード三室戸治光修二月会菊醤スニークインニャスビシュ城あくび指南ダーク・ビューティクラーリツキー・スニェジュニーク[山]クリュニー第2聖堂ビシュニッチ,P.

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone