コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フベルトゥスブルク条約 ふべるとぅすぶるくじょうやく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フベルトゥスブルク条約
ふべるとぅすぶるくじょうやく

オーストリアとプロイセンとの間で行われた七年戦争(第三次シュレージエン戦争、1756~63)終結のため、1763年2月15日ライプツィヒ近郊のフベルトゥスブルクHubertusburgで結ばれた講和条約。オーストリアのマリア・テレジアは、1745年ドレスデンの和約で事実上失ったシュレージエンのプロイセンからの奪回を目ざして、フランス、ロシアと同盟を結び、開戦後この地を回復し、一時はベルリンを占領するほどであったが、62年親プロイセン的なロシア皇帝ピョートル3世の即位によって水泡に帰し、他方で植民地戦争を戦っていた英仏間の休戦もあってこの和約となり、シュレージエンの喪失が確定した。マリア・テレジアは、プロイセン王フリードリヒ2世から長子ヨーゼフ2世の皇帝位を確約され、国内改革に努めたが、ドイツにおける主導権はフリードリヒ2世に移り、以後ドイツの発展はプロイセン中心となった。[進藤牧郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android