コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フュルティエール Antoine Furetière

世界大百科事典 第2版の解説

フュルティエール【Antoine Furetière】

1619‐88
フランスの文学者パリの古い町民の家に生まれ,法律を学んで弁護士になったが,のち宗門に入った。1645年ころから文人としても知られ,風刺文学を得意として,風刺詩人ボアローのよき先輩であった。またラ・フォンテーヌモリエール,ラシーヌらの大作家をも友とし,1662年にはアカデミー・フランセーズの会員に選ばれた。66年にパリの町人の風俗を写実的に描いた風刺小説《町人物語》を世に問い,これは彼の代表作となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フュルティエール
ふゅるてぃえーる

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フュルティエールの関連キーワードアカデミー・フランセーズタルマン・デ・レオーラ・フォンテーヌリシュレソレル

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android